NPOじおす 安心して楽しく住み続けられる街・コミュニテイづくりを目指して

環境保全支援

環境にやさしく、四季彩り豊かなコミュニティづくり・街づくりを支援します

緑化推進本部

緑化推進本部は75年に発足した組織で、当初は団地の「緑の倍増計画」に取り組み、5年間で夢と思われたその目標を達成。活動途中から“団地の緑を自らの手で管理を”と管理組合より受託し、自主管理を開始。その後、緑を育てる活動、緑を増やす・繕う・誂える活動、緑に親しむ活動、緑をリサイクルする活動、その他地域の平地林の保全活動などに取り組んでいます。
入居当初(左)と10年後(右)のメインストリートの風景(定点観測より)
  
ページ先頭へ

●緑化推進本部「緑化通信」
緑化通信9月号(2019年8月25日発行)  (PDF)
 
〇バックナンバー
緑化通信8月号  (PDF)
 
緑化通信7月号  (PDF)
 
緑化通信5月号  (PDF)
 
緑化通信3月号  (PDF)
 
緑化通信1月号  (PDF)
 
緑化通信12月号  (PDF)
 
緑化通信11月号  (PDF)
 
緑化通信10月号  (PDF)
 
緑化通信9月号  (PDF)
 
緑化通信8月号  (PDF)
 
緑化通信7月号  (PDF)
 
緑化通信6月号  (PDF)
 
緑化通信5月号  (PDF)
 
緑化通信4月号  (PDF)
 
緑化通信3月号  (PDF)
 
緑化通信2月号  (PDF)
 
緑化通信1月号  (PDF)
 
緑化通信9月号  (PDF)
 
緑化通信8月号  (PDF)
 
緑化通信7月号  (PDF)
 
緑化通信6月号  (PDF)
 
緑化通信5月号  (PDF)
 
緑化通信4月号  (PDF)
 
ページ先頭へ

●緑化推進本部のこれまでのあゆみ
73~74年: 自治会が団地の緑が少ないことに着目し、緑の倍増を提案し、住民と専門家で「長期緑化5ヶ年計画」を策定、狭山市と緑化協定締結(現物支給受ける)
75~79年: 担い手として緑化推進本部及び緑化協力員制度を、活動資金として緑化特別会費制度を設置(年間600円を全世帯から5年間徴収)、住民の手で緑化活動開始、活動3年目に団地の植栽管理を自主管理(浮いた経費を植樹活動に充当)、5年後に緑の倍増を達成(植栽樹木:高中木1,440本、苗木320本、低木3,700株、植樹費用:710 万円)
【76年 埼玉県及び狭山市自然環境保全功労者表彰】
80~02年: ポスト「緑化5カ年事業」の目標を定めた「美しい環境づくり計画」を策定。従来の緑を増やす・育てる活動に加えて、緑を繕う・誂える、さらにはリサイクルする活動など活動の多様化を推進。
【82年:埼玉県緑化功労者表彰、84年:(財)都市緑化基金等主催緑の都市賞(建設大臣賞)、86年:緑化推進功労者内閣総理大臣表彰、89年:狭山市文化功労者表彰、00年:埼玉県シラコバト賞】
03~07年 : NP0じおすのもとで活動開始。生ごみリサイクルを進める会・樂農クラブ・わくわく自然園を守り育てる会などとゆるやかに連携し、循環型コミュニティづくりを志向。市内の森の保全やクリーン活動などに積極的に参加協力。さやま環境市民ネットワークなど市内の環境保全団体との連携を強化。入間川七夕まつりクリーンボランティアに参加(04年~)。隣接する雑木林を地権者の了解を得て「ふれあいの森」として管理(07年~12年、12年に地主が雑木林を売却したため活動中止)
【05年:狭山市コミュニティ推進協議会花いっぱいコンクール最優秀賞】
08~12年 : 緑のトラスト保全第9号地(堀兼・上赤坂の森)の保全活動に有志が参加開始(09年~)。日照障害に配慮し、ケヤキなどの大きな樹木の伐採や強剪定を開始(11年~)。
ページ先頭へ

こんな活動をしています
●緑を育てる活動
住民の手に負えない高中木の管理は外部(造園業者)に委託し、簡易な管理は毎月2回、緑化本部のスタッフが行なっています。また、近年は、さらにきめ細かな管理をめざし、適宜、別途剪定などの作業も行っています。毎月1回は無償、それ以外は有償作業(1時間800円)の対象としています。
ページ先頭へ

●緑を増やす・繕う・誂える活動
時間の経過と共に荒れてくる緑地を再整備しています。これまで次のような改修事業に取り組んでいます。
 → 管理事務所前に坪庭の整備
 → 日陰の林内を活かしてシイタケ園の整備
 → 日当たりの良い傾斜地を活かして小さな果樹園やカタクリ園の整備
 → 防火水槽上部を活用してコミュニティガーデン(まちかど広場、ミニハーブガーデン、緑地など)の整備
 → 殺風景なごみ置場をまちかど広場へと改修
 → 荒れた法面をシバザクラとシランが咲くお花畑へと改修
 → その他、地被類を活かした緑地の整備など
防火水槽上部の改修前と改修後のまちかど広場の姿
殺風景なごみ置場をまちかど広場に改修 荒れた法面をシバザクラのお花畑に改修
ページ先頭へ

●緑に親しむ活動
四季折々、次のような行事を催しています。
   4月: 花壇模様替え、春のつどい(野点、草花即売会、樹木オリエンテーリング「花さんぽ」、シイタケの 駒打ち作業など)
   6月: 梅の実の収穫と梅酒づくり
   10・11月: シイタケ園のシイタケ収穫、果樹園の果実収穫
   12月: 花壇模様替え
ヒマラヤスギのジャンボクリマスツリーやケヤキなどのツリーイルミネーションの設置
花壇の模様替え 野だて 草花即売会
梅酒づくり シイタケ収穫 ツリーイルミネーション
ページ先頭へ

●緑をリサイクルする活動
細い剪定枝はチップ化し、裸地化した部分に敷き均しをしたり、雑木系の太い剪定枝は炭焼き用材やシイタケのホダ木として活用しています。また、生ごみのリサイクル活動と連携して、堆肥に落ち葉やチップ化した剪定枝を混合して堆肥化を推進しています。また、スタッフの中には炭や剪定木を活用した緑のクラフトづくりに取り組む人もいます。
間伐・剪定木を活かしたクラフト(お雛様・サンタクロース:向井昌男)
間伐・剪定木を活用した炭焼き(伏せ焼き方式)
ページ先頭へ

●近隣地域の雑木林の保全活動 ・ハイツに隣接する雑木林(2,000㎡)を地権者の了解を得て、間伐、倒木の処理、林内の片付けなどを行って明るい雑木林に再生。(12年に地権者が土地を売却したため活動中止)。また、狭山市の雑木林における森林施業作業(さやま緑と里の会主催)に参加。
ページ先頭へ

連 絡 先
本部長:山下勝之 電話&ファックス 04-2954-2227