NPOじおす 安心して楽しく住み続けられる街・コミュニテイづくりを目指して

環境保全支援

環境にやさしく、四季彩り豊かなコミュニティづくり・街づくりを支援します

生ごみリサイクルを進める会

99年、狭山市が「生ごみ拠点リサイクルモデル事業」を開始した際に、新狭山ハイツが受け入れを希望。00年に「生ごみリサイクルを進める会」を発足させ、住民の話し合いで、生ごみ処理機の機種選定、生ごみ処理機設置の場所選定、管理運営の体制や方法などを決定。その後、市の補助金(約760万円)で2基の生ごみ処理機を設置し、同年11月から活動を開始しています。処理機は1基当たり100世帯分を処理でき、1日60~80kgの生ごみを6日間連続投入し、その後24時間は投入せず微生物により熟成発酵・乾燥させて取り出す方式です。

こんな活動をしています
●生ごみリサイクルの状況
現在130名が参加し、年間9~10トン程度の生ごみが投入されています。その約5分の1程度が堆肥になります。処理能力は2基で200世帯分ありますので、エコパラダイスペール(いやな臭いが発生しない抗菌化溶液処理バケツ)を無料進呈することで新規加入を促進中です。

●生ごみリサイクルの維持管理体制
管理運営は約20名の担い手(取り出しボランティア)が交代で3週間に1度対応しています。なお、年間3回の設備点検が必要ですが、コスト削減のため1回は民間業者に、2回は住民の中の専門家で対応しています。

●生ごみ堆肥「野肥太くん」の活用
取り出された生ごみ堆肥は特殊肥料生産業者として県に届出て成分分析を行い肥料名「有機肥料・野肥太くん」として登録。販売も可能ですが、現在は日曜菜園にいそしむ人たちに無償配布するとともに、近隣農家3軒の協力を得て、試験栽培を依頼。収穫物は農業祭で販売をしています。
 
生ごみ処理機 取り出し作業(3人ペア) 生ごみ肥料「野肥太くん」
ページ先頭へ

<団地ぐるみの生ごみリサイクルが注目され見学相次ぐ>
事業を開始して以降、団地ぐるみの生ごみリサイクル活動が注目され、20を超える行政機関や環境保全団体などからの見学や視察がありました。なかには県外からの視察も少なくありません。
ページ先頭へ

連 絡 先
代表:土淵昭 電話&ファックス 04-2954-3488
行政窓口:狭山市役所環境経済部資源循環推進課
(電話:04-2953-1111代表 内線3631)